ドーパミンこそ全て!?

c0078441_964122.jpg田中田系のカレー処ボン☆田中が本日オープン。店前には開店を祝う花・花・花。隣のおそば屋さんまで並んでいます。当店の人気のほどが窺えて驚く一方、あまりの盛大さになんか・・尻込みしてしまいます(笑)
店内はカウンターのみ。あまり広くはありません。テイクアウトもできるようです。メニュー構成はカレーにトッピングを組み会わせる様式がメインで、サイドに「焼きカレー」、「ナポリタン」などの一品ものが用意されているようです。
カレーは「わっぱ」「中田中」でさんざん食っているので、今回は「焼きカレー」を注文。
カレードリアのような感じといいましょうか・・・カレーにチーズをのせて焼き込み、温泉卵をのせているようです。味はというと・・・かなり濃厚です。カレーのルウにほぐれた筋繊維を見い出せるほどに煮込んでいる・・・いつものあのカレーです。ボシュームはそれほどではないけど味濃い分、重量感を感じます。結構いけるけど個人的にはやはり普通のカレーのほうが好きかも?次回はトッピングカレーで挑戦ですな。

***

食後は近所のカフェで「収容所群島」、「騙される脳」を読んでみる。興味の方向は完全に「収容所群島」に向いているのですが、なにしろ少々読みにくいので、ついつい読み易い新書「騙される脳」を読み込んでしまい・・・結局新書のみ読了。「収容所~」は100pほどしか読めなかったorz
読み上げた「騙される脳」ですが、これはこれで結構面白かったです。はい。
「クチコミ」、「ベストセラー」、「行列のできる店」などの現象について神経内科の見地から分析した本です。いわゆる最近はやりの「脳みそ系」新書ですね。超々概略でいうとクチコミなどの現象はほとんどが脳内麻薬ドーパミンの分泌を促す報酬系を起因とする行動によるものということだそうです。という事は・・私がこのブログを書いている根源的な理由は、情報を発信することによって多少の自慢をし(著者曰くクチコミとは自慢マーケティングの事のようです)それによって分泌される脳内のドーパミンを味わう為・・・という事になるのかなぁ?もちろん私自身はそんな動機で書いているつもりはサラサラないのですが、おそらく潜在的にはそのような報酬系の働きがあるのでしょうね。

で、・・・・・こういう事に納得を示し、理解したつもりでいることによってまたドーパミンが分泌され、その快楽に浸る。ということなのでしょうなぁ(自嘲)

***

3時を少し回ったところでカフェからAIDAに移動。早くも常連のションショウさんがカウンターに・・・むちゃくちゃ早い御出勤で(笑)。彼がナオさんに持ち帰った・・ゲーテハウスのお土産サンドに割引チケット付きのカタログが入っていたのですが、ソレに載っていたヴァイスブルストが実にうまそう。カタログによると、ウィンナー3本とビールのセットがあるようなので、近々のうちに行ってみるかな?
なんだかんだで夕方前からワインなどを飲みながら歓談しているうちに、オカさん、ペダルさん、ノヨリさんなど、いつもの方が次々と・・・結局ワイン、ウィスキーなど10杯飲み上げ御勘定。
今日はゆっくり飲んだせいか?あまり酔わなかったようです。
あぁ、いつもこんな風に飲めたらなぁ。
[PR]
by love_chicken | 2007-09-09 12:00
←menu