<   2007年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

c0078441_1342945.jpg今日は大名の老舗てんぷら屋・・「天安(てんやす)」で昼飯。こぢんまりとした店内は畳敷きの小上がりに無垢張りのカウンターと・・・いかにも「街の天ぷら屋」然としたつくりになっている。屋号どおり気安く天ぷらを食える、近所の天ぷら屋といった感がある。なんか落ち着くなぁ。

今回は奮発して「松」を注文。「海老」、「イカ」、「穴子」、「きすご」など・・・結構な量ではあるが、ネタのひとつひとつが小ぶりなので、さほどボリュームを感じない。揚げ頃もいい感じ。海老はプリっと、イカはぷにぷに、穴子はふかふかに揚ってます。ごはんをおかわりしたい衝動にかられるも・・・ぐっと我慢。

舞鶴、赤坂にはこのような・・・古き良き店がまだまだ残っていることを改めて確認。
次回は夜かな?
[PR]
by love_chicken | 2007-07-30 12:00
今日は朝から夕方にかけ、試験勉強に読書、そして、少々の「みんごる5」(泣・笑)

そんなこんなで・・合間がたに読んでた「出家とその弟子」読了。
食堂クーネルのよしおさんに薦められてた・・・戯曲だ。

内容は親鸞と唯円の対話を中心とした物語で、どうやら歎異抄を下敷きとしているよう。。しかし物語全体の雰囲気はモチーフである歎異抄とは大きくかけ離れおり、浄土宗の根本教理を説いている部分以外は、仏教というよりもキリスト的な「愛」を語っているように感じた。
大正時代の若き文学青年は、この唯円の苦悩、親鸞の無辺の愛に涙したというが・・・・個人的にいまいちピンとこなかったなぁ。単に私が不感症なのか?この物語を真に理解していないのか?それともTVやPCに慣れきって文学的想像力をかきたてる能力が欠落しているのだろうか?なににしてもそこそこの感動は覚えるものの・・涙腺がゆるむような事はなかった。
個人的にそのような感動よりも、「他力本願」と「キリスト的愛」のハイブリッドを説く親鸞の話に、「神仏習合」や「クリスマス正月」などに見られる、なんでマゼコゼにしてしまう日本人的な融合志向が見取れて面白く感じたかな?

夕方はあるシガラミによる「枯れ木も山の賑い」で、松山候補の総決起集会へ動員(笑)。コテコテの決起集会の中、「頑張ろう三唱」して解散。その後・・中央区選出の某市議宅で月例の飲酒。自然話題は選挙の方へ・・・飲酒での政治話なんてろくでもないような気がしたが、やはり本業の政治話は面白い。こういう呑みも・・たまにはいいよねw

最後は・・独り呑みなおしで「食堂クーネル」。カウンターに居並ぶ常連さんらと、なんちゃない雑談を交わしつつ軽く飲酒。ワイン1~2杯で帰るつもりが、そのままダラダラと閉店まで(笑)。我ながらよく飲むよなぁ・・・仕事飲酒後の呑み直しはいつも飲み過ぎてしまう。自重せねば。。
[PR]
by love_chicken | 2007-07-25 12:00
今日は朝から現場パト。
スーツから作業服に着替えて現場に立つと、以前の職場を思い出す。ネクタイ締めての営業職もいいけど・・・やはりこういった、モロ土方チックな職場の方が自分に向いているような気がするなぁ(笑)

昼食は泰洋軒の「とり天定食」(辛子醤油)。この定食・・当店での看板メニューではあるが、本日は日替わりの「アマダイフライ定食」に押されている模様。隣客のアマダイを見ていると・・・確かにウマそうw
そういえば、つきよしの大将が「焼飯」「中華丼」を推してたなぁ・・次回注文だな。

午後からはスーツに着替えなおし・・・・夕方にかけて発注者・メーカーと打ち合わせ。夕方から技術士の勉強をしようと心に決めるも、今ひとつやる気が出ずに・・・「AIDA」へ。あぁ。。。
カウンターにはいつもの常連の方々がワインを飲みつつくつろいでいる・・・私もその中にお邪魔してワインを4~5杯。酒肴は「地タコのシチリア風柔らか煮込」を注文。乾燥トマトと貝の出汁がタコとよく合います。なんだかんだでその後ワインを2~3杯飲んで御勘定。


はあ。今日もよく飲んだ。
試験どうするんだよ・・・再来週だよ~(泣)
[PR]
by love_chicken | 2007-07-23 00:00
←menu